安否確認をシステムで|コンタクトレンズの在庫管理で正確な数字を把握する

コンタクトレンズの在庫管理で正確な数字を把握する

男女

安否確認をシステムで

婦人

地震に対する危機意識

東日本大震災以来、企業の地震に対する危機意識は高まっています。現在、セキュリティ会社や通信会社等が安否確認システムのソリューションを提供しています。安否確認システムでは、震度5以上の地震が発生した場合や企業が事前に登録した災害(例えば、インフルエンザの蔓延等)が発生した場合、全社員に一斉同報メールで安否確認をする仕組みになっています。しかも、スマートフォンや携帯電話でメールを受け取った社員は、安全、出勤可能といった予め決められた返答をプルダウンで選択し、センター側に返信する仕組みになっています。そして、企業の管理者や責任者は、社員の返信結果や集計結果をWebやスマートフォン経由で確認できます。この仕組みにより、企業側は社員の正確な状態を管理する事が可能です。

安心を提供する仕組み

安否確認システムでは、家族の安否を確認できる仕組みもあります。この安否確認システムに予め家族のメールアドレスを事前に登録しておけば、家族にも安否確認メールが届けることができるでしょう。こうした機能により、企業は社員だけでなく、社員の家族に対する安否も確認する事が可能です。安否確認システムの必要経費は、登録社員数によって、異なってきます。社員数500人で、家族オプションを付けた場合、初期費用が10万円前後で、毎月の利用料金が3万円前後で利用できます。初期費用、毎月の利用料金も低価格で安否確認システムが利用できます。このように低価格で、地震によって社員の被害状態が明確に把握できる安否確認安否確認システムは、企業にとって安心・安全さを提供するシステムと位置付ける事ができます。